西安桑拿论坛

空っぽだったので、食べ物をいっぱいにする必要がありました。

その後。

厳しく有毒な舌の印象を学生に与えたこのカレークイーンは、ほんの数分で森西安桑拿网田から5種類の点心を味わいました。

サクサクのロールはカリッと生で、噛んだときのフィリングはやわらかい。

ドンナジは全体を通してほぼサクサクしています。

カレーチキンロールはとってもやわらかいです。

「Ding Ding Ding」

は口の中で食べ物をかみ砕き、Qianli Xiayaの表情は空白でした。

メロディーの美しい宴会場です。

拍手が起こりました。

宴会の群集は自発的に道を譲り、銭夏夏雅はホールの中央に立っていました、彼女はまだ明るい白いドレスでした、群衆の中の男性は常に彼らの憧れの目を投げました。

ブーム!ブーム!

ピアニスト、バイオリンの音が突然高所に到達。

キアンリシャヤの心拍が加速し、制御不能になったため、彼女と群衆は廊下のドアを見つめ、優雅さと優雅さのある男性が入りました。

「綺麗なお嬢さん、一緒に踊りますか?」

千里夏liの前で少しお辞儀をした男は、顔を下に向けて鋭く見ていましたが、男の顔はまだぼやけていました。

奇妙な鼓動のため、Qianli Xiayaは女王の棚を保持できなくなりました。招待を受け入れるのをためらったとき、男は笑顔で前に出て、片方の手で柔らかな腰を包みました。

ヒス!

すぐに生徒たちは開いた。

この時点で、古い残りの女性Qianli Xiaya、ガチョウの隆起が皮膚に現れました。彼女は不本意ながら頭を下げて、男の力強い腕から離れようとしました、そして男はただ笑っていました。

食の世界に耽るカレー女王は、会場の接写で唇の弧が冷たく無関心になり、恥ずかしそうな笑顔でいきなり立ち上がった。

それは咲く白いバラのように見えます。

多くの人が困惑しています。

コメントセッション。

頬を片手で抱き締めるだけでなく、甘いにやにや笑いであるQianli Xiayaの2人の依存症の愛、他の4人の男性裁判官が互いに意見を交換しました。各裁判官は彼の賞賛を意味するものではありません。

5種類の点心は、実際には5種類の味とスタイルを生み出し、料理の構造の多様性とレベルにおいて、他の一般の学生とはかけ離れています。

「詰め合わせ!」

「カレーと点心の盛り合わせ!」

「くそー、どうしてこれがわからなかったのか、皿に溶けただけで、どんな種類の食べ物でも、一食分でした!」

ステージを失った多くの生徒たちは皆、惨めに見えました。頭を覆ってください。

調整されていません!

ただの融合ですか?

これらの学生からの不満を聞いて、教師と席のプロのシェフは黙っていました。

「これらの雑魚!」

イェシャンリャンは軽蔑的に言った:「創造的であり、一種の創造性を十分に発揮するには、対応する力が必要です!このグループの男は力も脳もありません!ああ!」

5人の裁判官を目撃しました。堂島シルバーはおもしろかったです。

「それは非常にユニークな意図です!」

堂島陰は彼の隣の若者に言った:「そのような女の子の意図を失望させないでください。」

「毛は成長しなかった、なんと心配だ!」

西安サウナは手を振った、「言葉は言った戻る、堂島全長、あなたは革命の原因結婚を提供することはできませんああ生涯ああ、すぐにそれを結婚するために良い女の子を見つけ

ます。イグナイト!

堂島は銀に窒息した。

彼は走り回っている一人の老人であり、未成年の少年とこの種の問題について話していました、彼はただ物事をやっていて、自分の恥をとっていたようです。

「堂島さん、カレー姫の銭銭霞さんはどう思いますか。彼女も独身で、おばあさんもあなたにぴったりです。これは、元悦とカレー業界の王様の結婚でもあります。あなたが望むなら、誰かを教えてあげましょう「

次の文、堂島に激しく咳をさせて」と言います。

「待て!」

「止まれ!」

堂島降伏。

畜生!

このように中断すると、森田真希の最終スコアもリーダーボードに表示されます。

森田真希

スコア、98。

このスコアは実際には2位の黒木よりもクールで、5ポイント高いです!

テロ!

楽譜が出た瞬間、会場の喧騒は一気に氷結した巨大な世界へと解放され、寒かった!

グループのホストである佐々木ゆいは、マイクが地面に落ちたことにさえ気づきませんでした。

「これ、これ」

西安サウナの横、堂島陰も恐怖で立ち上がった。

「当時、私と一郎が一緒に作った黄金時代

Related posts