ヴェネツィア国際映画祭 金獅子賞

映画「父、帰る」は、2003年制作のロシア映画になります。

第60回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門で上映され、最高賞である金獅子賞と新人監督賞を受賞した作品になります。

 

ストーリー

アンドレイとイワンの兄弟は、母親と祖母と共に暮らしており、父親の顔は写真でしか知ることがありませんでした。

しかし、ある日12年ぶりに父親が帰ってきたのです。

これまでどこにいたのか全く語らない父親に当惑する二人でしたが、父親は明日から二人を連れて旅に出るという。

翌朝、3人は釣り道具と共に車で出かけるが、父親は行き先も告げず、高圧的な態度で子供達に接します。兄のアンドレイはそれでも父親に好意的だったが、弟のイワンは不満を募らせてゆくことに。

三人は釣りをしてから車で遠く離れた場所へ行き、小さい舟を修理してある無人島へと渡ります。数日そこで過ごすが、あることから父子の間で諍いが起きることに。

その最中で父は亡くなってしまったのです。島から離れる決意を固めた二人は、父の遺体を乗せた舟に乗り、本土を目指します。無事二人は本土に到着したが、浜に停めておいた舟は波に流され、父の遺体も沈んでしまい。

二人は海の中へ消えていく父に向かって「パパ!」と叫び、父が見えなくなると車に乗った。

 

母と共に静かに暮らしていた兄弟が12年間音信不通だった父と久しぶりに再会、共に旅に出て行く様子や親子の人間模様を描いた作品となっています。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

コツコツお金を貯めることが大事ですね

お金は必要な分だけあればいいとは思っていません。

それこそ、理想をいえば、大金持ちといえるくらいのお金はあって、それでも今と同じような・・・少しだけ我慢を減らして・・・生活をしていけたらいいなと思っています。

現実には大金持ちになんてなれませんから、何歳まで生きるのか、どんな困難が待っているかわかりませんが、一般的に「老後安心して暮らせる」ような金額が貯まるまでは、つつましく、貯金中心というお金の使い方をしていきたいと思っています。

心配性なんですよね。好きなように使って、後になって苦労するのは絶対にイヤ。だったら、今、可能な範囲での節約をして、安心できるようにしたいです。

同じような生活レベルの方でも、どんどん使って、そりゃ色々持っていたり、あちこち楽しそうに出かけていたりしますが、実は100万単位くらいしか貯金がなかったりとかいうのは、私には絶対に理解できません。

確かに、人間、いつ人生が終わるかわかりませんし、この先何がおこるかも分かりません。貯金したものも消えてなくなるかもしれません。制度も変わるかもしれません。だったら、後悔しないように、とにかく「今」を楽しむという選択もありなのでしょうが。つつましく暮らすクセがついているので、今更無理かなと思います。

ただ、そういった人とは正反対で、恐ろしいくらい節約生活をしている人もいますよね。私はそれも理解しがたいです。もう「趣味」となっていて、楽しんでいる方はいいですが、子供がかわいそうな状態になるのはどうかなと思います。

私も、「貯めたい」という自分の中での軸はありますが、子供には少しだけ甘く。習い事は少しはさせたり、ほしいものがあったら買ってあげたり。

もちろん、銀行や消費者金融などのカードローン(http://xn--t8jm0a4pf4b9772b4hcu40u.jp/)でお金を借りるまではしないようにしないといけませんが。

小さな幸せは大切にしつつ、でもなるべく節約。 これからも目標にむけて、貯金していきたいと思っています。

カテゴリー: 未分類 | コメントする